ゴールデンレトリバーの子犬を飼う前に

sponsored link


 

ゴールデンレトリバーの子犬を飼う前に

ゴールデンレトリバーは大変な運動好きです。

ミニチュアダックスなど小型愛玩犬の場合は差ほど問題になりませんが、十分な運動をさせる事が出来るかを良く考える必要があります。

 

ゴールデンレトリバーの飼育環境を考えるのはあなた。

ゴールデンレトリバーが満足するだけの運動量を与えられるか?

間違っても、あなたが【これ位でいいだろう】と判断するべきではありません。

運動不足はゴールデンレトリバーの肥満、ストレスとなり問題行動に直結してしまいす。

 

ゴールデンレトリバーの散歩時間は?

朝晩それぞれ1時間以上(最低30分)をそれにあてる覚悟が必要です。

外出がゴールデンレトリバーのストレス緩和に大きな役割を果たすことも覚えておきましょう。

散歩嫌いな人には相当な負担となりますが、それがゴールデンレトリバーの飼い主としての義務となります。



ゴールデンレトリバーは力持ち

ゴールデンレトリバーは成犬になると予想を上回るほどの力持ちになります。

小学校高学年(5~6年生)の男子と綱引きをして余裕で勝てるくらいの腕力が飼い主には必要になります。

あなたの10年後を計算に入れましょう。

ゴールデンレトリバーの寿命は大凡10年前後

現在、元気一杯のあなたも今から5年、10年経ったらどうなるかも計算に入れましょう。

例えば中学生のお子さんにせがまれてゴールデンレトリバーを飼ったとします。

でも、10年後にはゴールデンレトリバーを残して親元から出て行き、世話は残された親がする。

などと言う事もありえるお話しではないでしょうか。

更に年老いたゴールデンレトリバーが寝たきりになれば、その世話には想像以上の体力が必要とされ、管理人家族も大変苦労した経験があります。

この辺を最初にご家族あわせて良く相談する事を強くお勧めします。

・ゴールデンレトリバーは家族の一員として飼われるのが幸せです。
・ゴールデンレトリバーの環境を考えるのはあなたです。
・ボール投げやドッグラン、散歩などで十分な運動をさせましょう。
・今のあなたが元気でも、10年経った時の事も考えてみましょう。

 

いつも見て頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

 

 

sponsored link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です