ゴールデンレトリバーの子犬はペットショップから購入してはダメ!?

sponsored link


ゴールデンレトリバーの購入先はペットショップやブリーダー、そしてインターネットなどさまざまです。

ゴールデンレトリバーの子犬を見たいと近所のペットショップに出かけても、大型犬の取扱いは非常に少ないです。

多数のゴールデンレトリバーの子犬から選ぶなどは出来ないでしょう。

 

ゴールデンレトリバーの子犬はブリーダーから

ブリーダーと言っても2タイプがあります。

①多くの種類の犬種を同時に繁殖させている

②ひとつの犬種に特化している

後者のようにゴールデンレトリバーに限定しているブリーダーさんならゴールデンレトリバーへの愛着もあり専門的知識に長けていると言えます。

ただ、流行の波に乗って売れる犬種を扱う方も居ますから、そのような所は避けましょう。

ゴールデンレトリバーの子犬を選ぶ時には、親犬を見る事が出来たり、相談にのって貰ったりもできます。

ゴールデンレトリバーの子犬と「安心」も一緒に購入する事が出来るのでお勧めです。

 

あなたの家庭環境に合うか相談にのってくれる人

海外では当たり前となっていますが、「あなたの性格、家庭環境からはこの犬種は向いていないので〇〇犬種の方がよい」と率直に言ってくれる人は理想的です。

「あなたの家族からすると大型犬は難しいです」

「あなた家族ならチワワのような小型犬が良いのでは」

と親切にアドバイスしてくれ、遺伝病対策を充分に行っているブリーダーさんを探したいですね。

 

一般的にはペットショップ?

既に良心的なブリーダーさんからの購入をお勧めしました。

TV等のCMで衝動買いをするシーンを見た事がある方も多いと思います。

もちろん運命的な出会いを否定するつもりはありませんが、あのような入手方法はもっとも慎むべきです。



ペットショップで購入する場合には次の点に注意。

①子犬が人の手に触れないようにしてあり、安心して休める環境にあること。

子犬がショップにどんな状態で置かれているのかで、そのショップのあり方がわかります。

 

②子犬の住処が綺麗な状態に保たれていること。

不潔な環境で育てられていると、その環境に慣れるため入手してからのトイレの躾が非常に難しくなります。

また、糞をそのままにすると食糞症の悪癖がつく場合があります。

③店員が犬種の特性や犬の社会化問題をよく認識している事。

店員が全く犬についての基本的な知識に欠けている場合は論外、犬の精神面に対して理解、配慮の無いショップはお勧めしません。

ショップの方が子犬にストレスが掛かっていますから、病気になりやすいので、その保障などもしっかり話し合いましょう。

 

里親でゴールデンレトリバーを迎える

大型犬のなかでもゴールデンレトリバーは知名度が高いため保護犬となってしまう確率も高いです。

新しい飼い主さんを待ちながら、保護されているゴールデンレトリバーも多いです。

子犬の頃から飼いたい等なければ、里親で飼う方法もひとつの選択肢です。

 

ゴールデンレトリバーをインターネットで購入するデメリット

デメリットとは?

近年、インターネットを通じていろんな物を購入できる時代になりました。

移動も無く時短なイメージがありますよね。

ただ、生き物なので画面では分からないことがたくさんあります。

スマホやPC画面からは、ゴールデンレトリバーの子犬の可愛らしい様子が伝わってくるでしょう。

しかし、実際に手元に犬が来てみると

「思ったのと違った」

「病気だった」

というトラブルも少なくありません。

値段は非常に安いですが、言うまでも無く生き物を飼うという事を考えるとインターネット経由で購入する事は選択肢に入れるのは難しいですね。

 

いつも見て頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

 

 

sponsored link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です